【ボードゲーム紹介】心揺さぶるクニツィアの傑作!『なつのたからもの』

ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)の『CIRCUS FLOHCATI(ノミのサーカス)』という作品をニューゲームズオーダーさんが日本語版としてリメイクした作品です。元の作品のアートワークは、頭部がノミの人間らしきものがサーカスの演目を行っているというシュールすぎるアートワークだったのですが、日本語版では、ノスタルジックな「The日本」な夏休みの風景が描かれていて、「なつのたからも…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】物語が生まれるカードゲーム『Once Upon a Time(ワンス・アップオン・ア・タイム)』

今回ご紹介するボードゲームは、これまでとり上げたものとは異なり、「ストーリーテリング(Storytelling)」と呼ばれるジャンルのボードゲーム『Once Upon a Time(ワンス・アップオン・ア・タイム)』です。 「ストーリーテリング(Storytelling)」系のボードゲームは、子供から大人まで、物語を作る練習として利用できるほか、小説のワークショップやスピーチセラピーなどに…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】プレイすればするほど深みにハマる!戦略的ブラフゲーム『Coup(クー)』

『Coup(クー)』は、イギリスで作られたブラフゲームです。「coup」は、フランス語で「stroke, 一撃」を意味する言葉で、クーデター(coup d'État(国家に対する一撃))の「クー」です。イタリア語や英語でも「coup」は「クーデター」を意味します。 このゲームは、腐敗し弱体化した宮廷が治める陰謀渦巻くイタリアの都市国家を舞台にしています。各プレイヤーは、その都市国家…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】選択と運命のカードゲーム『Cucco(クク)21』

【ボードゲーム紹介】選択と運命のカードゲーム『Cucco(クク)21』 中沢しのぶさんがアートワークを手がけたのタロットカードのような美しい図柄が印象的な『Cucco(クク)21』。元は「Gnav」と呼ばれ、このゲームの歴史は古く、1490年にフランスで遊ばれていたようです。カードの構成枚数は多々ありますが、その構成よりも、カードの強さの方が重要なゲームです。「Cucco」は、このゲームを…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】この夏に舞台化!戦慄のボードゲーム『ハコオンナ』

「ハコオンナ」の顔面がドアップのパッケージから興味を掻き立てられる『ハコオンナ』。説明書がガッツリ4枚もあり、インスト(instruction、ルール説明)に1時間もかかってしまうほどで、それだけ内容が濃く作り込まれていて、ホラーの要素がボードゲームで再現できる緊張感に絶妙にマッチしていて、『ハコオンナ』の世界観に引きずり込まれます! #ハコオンナ ついに家にまで… メリーさん人形…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】自分の情報だけがわからない!悶絶必至のパーティーゲーム『コヨーテ』

今回紹介するのは、『コヨーテ』です。自分の手札の数を自分だけが知らない状態で周りの行動や反応を手がかりに自分の数字を予測する「インディアンポーカー」のゲームメカニクスをベースに、独自のルールや特殊なカードが追加されています。ルールがシンプルなので誰でもすぐに参加でき、悶絶必至のパーティーゲームです! カードに書かれてある数字を「コヨーテ」の数に見立て、インディアン(プレイヤー)がコ…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】これ一つさえあればいい!『Love Letter(ラブレター)』

以前紹介した『R-rivals』と同じ作者であるカナイセイジさんの作品『Love Letter(ラブレター)』。『R-rivals』と同様、全部で16枚のゲームカードのみを使い、カードの強さにそれぞれの能力(効果)を付けるというコンセプトはそのままに、手札8枚で2人プレイだった『R-rivals』を、手札1枚を山札から引いたカードと交換していくシステムにすることで、2人〜4人までプレイできるゲー…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】一夜だけでも「人狼」の魅力を味わえる!『ワンナイト人狼』

『ワンナイト人狼』は名前の通り、いわゆる「人狼ゲーム」を1ターンだけ行うゲームです。通常の「人狼ゲーム」よりも、少人数で短時間(10分程度)でプレイできるため、戦略を熟知していない初心者でも、「人狼ゲーム」のコアな会話の駆け引きの部分を楽しむことができます。 「人狼ゲーム」とは? 「人狼ゲーム」は、古くからヨーロッパで、狼男(魔女)狩りをモチーフとして、パーティーゲームとして遊ばれてきま…

続きを読む

【ボードゲーム紹介】どこでも何度でも白熱した心理戦!『R-rivals』

『R-rivals』は、16枚のカードを使った2人用のボードゲームです。お互いが全く同じ8枚の手札を持ち、1枚ずつ「じゃんけん」のように手札を出し、勝敗を決めます。先に4勝した方が、勝ちになります。 基本的には、カードに書かれた0(弱)〜7(強)の数字の強さで勝敗を決定しますが、カードによって特殊な能力があるため、単に数字の強弱だけでは勝負が決まらない場合が多くあります。 絶妙にゲー…

続きを読む